読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2人目妊娠日記

妊娠発覚から生まれるまでの記録

7週6日 やっぱりダメだった。

前回の診察から2週間待てないので1週間後の今日、病院へ行った。

 

みんなどういう気持ちで病院へ向かうんだろうと思う。

私はネガティブなのでたぶんダメだろうなぁと思いながら、でも2割くらいはもしかしたら普通に育っている赤ちゃんが見えるのかもしれないと思っていた。

 

とにかくダメだったときのショックを和らげるために、稽留流産の処置についてネットで検索していたら一駅乗り過ごしてしまった。。

そのせいで診察の順番が遅くなってしまったので、本を読んでのんびり待つことにした。

 

ところが診察時間の9時になるちょっと前に呼ばれてびっくりした。

妊娠初期の人は優遇されているんだろうか。

すぐに内診で焦る。

ああもうこれで終わっちゃうのかな。

でも2割くらいワクワクしている自分もいた。

 

エコーを見てみると、ほとんど1週間前と同じ胎嚢が見えた。

真っ暗で何も見えない。

やっぱりダメだったか。

先生が測ってくれたら13.9mmだった。

ほんの少し大きくなってただけ。

 

流産って言われるんだろうと思っていたら、「まだわかりませんから1週間後に来てください」とさらりと言われた。

そんなことないでしょ、もうわかるでしょと思って「もう今日で心拍確認できなかったらダメだと思ってたんですが」と言った。

そしたら「医学的にはまだわからない。まだ諦めるのは早いですよ。大切な命だから」と。

いやいや、諦めたくはないけれど。

泣きそうになってその後は何喋ったか覚えていない。

もう厳しいですよね?って念押ししたけど、先生からはフラットな答えしか聞けなかった気がする。

 

もう気持ちを切り替えたいのにまだ確定しないなんて、その方が辛い。

どう考えても素人目に見ても流産は確定なのに。

手術にするのがいいか自然に流れるのを待つのがいいか聞きたかったけど聞ける雰囲気じゃなかった。。

 

会計を待っているとき泣きそうになってしまったけれど、覚悟していたからか大丈夫だった。

 

 

こうたんにメールした。

落ち着いてきたから前向きなメールが打てた。

 

自分の中では流産確定だけど、お酒と薬は飲まないでまた1週間過ごそうと思った。

久しぶりにカップラーメンを買った。

スーパーで赤ちゃん連れた人を見たけど、なんとも思わなかった。むしろ微笑ましいと思った。
2人目だからだろうなぁ。
これ1人目だったら辛すぎる。

 

ふと涙が出てくる。

ちゃんとたくさん泣いておかないと繰り返すのかもしれない。

 

流産経験のある友達に相談したら、手術は手軽そうだった。

バルーンを使わなくて良いらしい。

そしたら手術がいいかな。

 

それにしても悲しい。

誰かに傷つけられたとか傷つけたとかそうゆうのではなく、ただぽっかりとした悲しみが覆ってきて涙が流れる。