読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2人目妊娠日記

妊娠発覚から生まれるまでの記録

9週0日 稽留流産手術

朝早くに病院へ。

内診のとき昨日出てきたものを看護師さんに渡した。

胎嚢ですか?と聞くとよくわからないとのこと。

先生にも見てもらうがわからないらしい。

内診したらまだ胎嚢みたいなものがあった。。

昨日のあれはなんだったんだろう。

 

ちょっとがっかりする。

でも2つとも検査に出すようだ。

 

前処置はそんなに痛くなかった。

出産のときのバルーンとは違うらしい。良かった。

車椅子で入院病棟へ運ばれた。

非日常な感じがする。

点滴が始まった。

大部屋だけれどカーテンで区切られていて、隣の人との会話はない。

ベッドでこれを書いている。

映画が見えるようなので何か見ようかな。

 

ウトウトしたりメールしたり過ごして、「ヴィジット」というホラー映画を観た。

こんな時にホラー?と思いつつも、余計なことを考えずに集中して観れそうなのでチョイス。

割と面白かった。最後の方でサプライズもあってビクビクしながら楽しめた。

 

そんな感じで13時半になり、トイレに行って待っていると呼ばれた。

手術室までは歩いて行った。

メガネを掛けてないのでぼんやりとしか見えなかったけど、人がたくさんいて、ものすごく手術室といった感じだった。

(のんちゃんを産んだときの分娩台も手術室みたいだと思ったけど比じゃなかった)

 

心電図とか血圧とか色々と付けられて少し緊張。

点滴に眠くなる薬を入れていきますねと言われ、少し違和感を腕に感じていたら視界がボーッとしてきた。

 

次に目が覚めたのは部屋に戻ってきたとき。

2時間後にどうのこうのっていう話をされて、なんかのんちゃんの夢を見ていた私は子どもをどうするかみたいなことを聞こうとしたけどぼんやりして聞かなかった。

 

それからとても浅い浅い眠りが続いて、のんちゃんだったり、なぜかまた結婚式を挙げる準備の夢を見た。

 

2時間後にトイレに付き添いで行き、やっと水が飲めて、体も特にだるいことはなくてホッとした。

 

内診でエコー見たら何にもなくなってた。

今日何を食べてもいいか聞いたら消化の良いものと言われた。

あとお酒はいつから飲んでいいか聞いたら、軽く怒りながら1週間は禁止!と言われた。

 

お父さん、無事にのんちゃんを保育園でピックアップして病院まで来てくれた。

お父さん、ラタトゥイユやスープを作ってきてくれたのはいいが、鍋ごと車に載っている!

タッパに入れるとか考えないかね、普通。

とりあえず私が割と動けそうなのでいいやと思った。

 

すき家で買ってきたうな丼を食べて、のんちゃんが色々こぼしたりするのを見ているとイライラしてきたのでベッドで休む。

 

ふと携帯を見ると、のんちゃんがいじっていたので写真のアプリが開いてて、それがこうたんに妊娠したってサプライズした動画だった。

その画面を見て久しぶりに泣いた。

ちょうど1ヶ月前にそんな幸せがあったんだった。

ごめんね、、と思った。

戸惑いと驚きと喜びと悲しみと悔しさと。

色々あった1ヶ月だった。

 

私の卵。

どこに行っちゃったのかな。

弔いたいけど検査に出してしまったからタイミングを失った。

明日どこかの神社でお祈りしようかな。

 

明日からは完全回復に向けて前向きに気持ちを切り替えたいな。